自身の仮説・衝動に基づく、言語化されない事象に対する新たな関係性の構築を目指します。デジタル、アナログは問いません。

キーワード:メディア芸術表現、コンテンツデザイン、表現原理、計算哲学

 

戻る

 

Copyright © 藤木研究室 All Rights Reserved.